<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 20日

剣山 × 紅葉 × 青空

c0166307_22481937.jpg


c0166307_23552021.jpg


c0166307_23561082.jpg


c0166307_23561785.jpg


c0166307_23562616.jpg


c0166307_23563254.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2009-10-20 23:34
2009年 10月 19日

栗林公園にて

ちょっと、前の話、9月の下旬ですかね、初めて高松の栗林公園に行きました。

天気がすっごく良くて、残暑のひどかった日です。
僕の大好きな空の色がきれいに出てる写真があったので、今更ですが慌ててアップします。

c0166307_23443428.jpg


c0166307_23423338.jpg


c0166307_23425323.jpg


c0166307_23432925.jpg


c0166307_23434389.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2009-10-19 23:00
2009年 10月 07日

今年の夏に琴を寄贈してくださった、祖谷出身の琴の先生がいらっしゃいました。

しかし、せっかく琴を頂いたのに、今まで誰も扱い方さえわからずしまっておりました。
そこで、この度先生がお越しくださいまして、調律をして、模範演奏してくださいました。

c0166307_856965.jpg


ちいおりの空間に合う楽器だとは常々思っておりましたが、
実際に演奏されている姿を見ると、非常な空間の引き締まりを感じました。

c0166307_856178.jpg


模範演奏のあとは、お教室です。
琴なんていうと、楽器の中でもすごく繊細なものかなってイメージがありましたけど、
その他の多くの楽器同様、楽器そのものは結構強健で、だからこそやわらかい音から強い音まで幅のある演奏が可能なんだろうな、なんて思いました。
と、いうわけでつまり、もっと気楽に触ればいいのよ、ってことでした。

c0166307_8563786.jpg
c0166307_856542.jpg


いつでも、使えますので、訪問時に挑戦してみたい方は言ってくださいね。

c0166307_857144.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2009-10-07 09:23
2009年 10月 03日

ウォーターカラーペンシルを試すが、、、

c0166307_12593227.jpg


結構前に買ってあった、ウォーターカラーペンシルをようやく試して見た。

なんでも、最初は勝手が分からんものだ。
ぐちゃぐちゃになって、透明感がまるで出せない。

練習します。。。
[PR]

by torumuramatsu | 2009-10-03 13:03 | Color Pencil カラーペンシル
2009年 10月 01日

和食と中華が、町屋で出会った

先月、京都を訪れたときのこと。

早めにチェックインしたホテルの向かえにあった、いかにも鰻が隠れてそうな、それでいて妙に中国らしい京町屋を覗いてみた。

中国料理 和漢同菜 菜根譚 -sai kon tan-

c0166307_21302397.jpg



日本らしい繊細な装いの中華料理屋だと、まずファーストインプレッションでがっかりさせられることが多い。
なんでかって、あの乱暴なほどの「量」を見せ付けてくれることがないからだ。
育ち盛りをとっくに過ぎた僕にとっても、まだまだ中華の醍醐味はダイナミックさだ。

ここも、恐らくその類であって、大きな器のまんなかに生け花のような作品を盛り付ける中華屋だろうと、想像していた。

とりあえず、ランチタイムであったので、お勧めの特製弁当にすんなり決めた。
注文後、珍しそうに、部屋のあちこちにレンズを向けてシャッターを切っていると、それだけで汗が噴出してくる残暑厳しい京都の9月。
程なく、そんな僕を訝しみながら、ウエイターのお兄ちゃんが入ってきた。

箱がでかい。

定説と違うじゃないか。ジャパニーズサイズじゃない。
まあ、落ち着けばいい。これも、日本人ならではの演出の序章じゃないか。
繊細な飾りつけのクオリティーはジャパニーズには欠かせない。
蓋を開ければ、この弁当箱の中にもご丁寧に器やら葉っぱやらが入っていて、そのまんなかのおにぎり山を啄ばんでくださいってわけだろう。
でも、それでいいんだよ、それがいいんだよ、今日は。
腹ペコで、がっつきに来てるわけじゃないんだ、時間もそんなにないし。

作品を見せてくれればいいんだ――


「・・・これ、一応一人分ですよね、、、?」
「結構、ボリュームありますね。」

そんな風に、言うのがやっとだった。

合格だ。

一次試験合格だよ。よし、お前は中華だ。

c0166307_21301089.jpg



ま、そんな日本の中華料理に対する僕の偏見は、そろそろ置いておこう。

食についてどうのこうのと言えるほど、美食家でもなければ、そんな憧れも今までそれほどない。
しかしながら、これも世のため人のためになるはずの社会勉強だと言い聞かせて、後ろ髪を引く吉野家の暖簾を振り払って、入って見たわけだ。

ご覧の通り、立派なボリュームがあるにも関わらず、旬の京野菜や中国野菜がふんだんに使われていて、ウェイターのお兄ちゃんの一品一品の説明は見事に右の耳から左の耳へと抜けていくほどで、
まず、間違いは無いことだけは確信した。

やっぱり、僕も日本人の端くれだろうか。加茂茄子や写真の右奥のよくわからない野菜は、ちゃんと野菜の味がしていて、それでいて甘かったりして、おいしいなあ、と思った。

それから、見た目が良いのもやはりジャパニーズとしては有難い。

c0166307_21303089.jpg



料理の内容に対して、あまりに時間がなかったので、なんだがお店の人と料理に申し訳なかった。
今度は、ゆっくり来ますよ。

c0166307_2132261.jpg



しかし、この微妙な中国っぽい雰囲気はなんだろうと、最後にもう一度天窓を見上げた。

ご馳走様でした。

c0166307_21304060.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2009-10-01 22:47 | Photo 写真