“ちいおり”に暮らして -Moments at Chiiori- 

torublog.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 17日

ジャパニーズレタス

c0166307_14525154.jpg


近所のおばちゃんが出してくれた味噌汁。

「ちしゃな」なる、葉っぱが入っていた。
田舎だと、いろんな名称が相当なまっていて、3回くらい聞き返さないと彼らの発音を認識できないことがしばしばある。
そして、それぞれの音を認識できたところで、それが方言なのかなんのかは誰にもわからない。
第一、そういう言葉って、すべて口語であって、実際に字にして書いてみると、地元の人でも違う音を書いていたりすることがしばしばある。まるで、文字を持たない言語の世界みたいだ。

さて、「ちしゃな」らしい。
僕は、想像する。とりあえず、「な」は「菜」なんだろうと。

とにかく、レタスによく似た植物らしい。食してみると、味、食感もよく似ている。強いて言えば、日本原産の葉物であることをなんとか連想できる程度に、ほのかな癖はある。かな。。。

何にしても、美味い。地元の人たちは、昔はこの時期よくこうして味噌汁に入れて食べたらしい。

で、帰ってきて、とりあえず、Googleに「ちしゃな」と入れてみる。
検索結果の中で、「チシャ」が Wikipedia に引っかかっている。早くも「レタス」の文字も確認できる。迅速に Wikipedia に飛ぶ。

その項目は、「レタス」
画面右の箱の中をざっと見る。

すべての解答が出る。

レタス =和名「チシャ」



要するに、「ちしゃな」っていうのは、「チシャ」であり、レタスそのものでした。
無論、厳密にはいろいろ種類があるうちの一つで、所謂レタス、サニーレタスとは違うだろう。
しかしながら、結局レタスなんだ。

まあ、科学なんてのは結果や事実を繋げ併せて分類した学問。
たまにはなんの薀蓄なしに、自分の舌で物事を考える機会は新鮮だな。

それでも、科学的解説に気分がすっきりしてしまう自分がいる。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-17 21:52 | Photo 写真
2010年 06月 16日

蜜蜂

c0166307_17305192.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-16 17:29 | Photo 写真
2010年 06月 15日

梅雨入り

c0166307_7521992.jpg


一昨日、かな、ようやく梅雨入りしましたね。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-15 07:52 | Photo 写真
2010年 06月 13日

ライター

c0166307_15302641.jpg


この石を、鋼のかけらで打つと、火が出るらしい。
火打ち石になるらしい。

ホントかな。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-13 15:30 | Photo 写真
2010年 06月 12日

惣菜

c0166307_183129100.jpg


c0166307_18344829.jpg


c0166307_18352010.jpg


ほぼ自生している、ネギとフキを分けてもらった。
師曰く、直接世話はしてないものの、その区画はフキやらの山菜を自生させる環境を守っている部分らしい。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-12 18:39 | Photo 写真
2010年 06月 11日

Untitled

c0166307_1658256.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-11 16:57 | Photo 写真
2010年 06月 10日

風車

c0166307_16564642.jpg

[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-10 20:56 | Photo 写真
2010年 06月 09日

向こうの水平線

c0166307_16544762.jpg


外の明るい場所なら、携帯でも何とかこのくらいに写る。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-09 22:54
2010年 06月 08日

淡路島

高速と通りながらいつも思う、この土地を探検してみたい。
なんとなくだけど。淡路島。

棚田的な景色が時折見える、いったいどうやってアクセスしたら良いかもわからないけど、
とりあえず、カメラとスケッチブックを車に放り込んで、島のどこかのICで降りてみたい。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-08 23:23
2010年 06月 06日

太平洋へ。

高知へ行く。

心なしか、高知は僕の故郷に似ている。
穏やかな気候、太平洋。

四国の人間にとって、瀬戸内海が特別な存在と考えられることがある。
確かに、特徴的な景色だ。

だが、不思議なもんだ。それは、僕にとっての海ではない。
僕が海に求めるものは、水平線であって、その向こうに外国があるというロマン。

そろそろ、足摺岬に行ってみたい。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-06-06 22:15