“ちいおり”に暮らして -Moments at Chiiori- 

torublog.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 30日

コンクリート遺跡

c0166307_10203327.jpg


コンクリートの壁もやがては自然に浸食され、その姿を消すのか。

砂漠という自然と化すのか、森林という自然に飲み込まれるのか。

ところで、ずっとずっと先、この壁がその姿を消す一歩手前で、新時代の人間か、あるいは人間が滅び未知の生命体に発見されたとき、
こんなコンクリート壁も、我々のかつての存在を証明する「遺跡」と尊ばれるのかも知れない。
[PR]

by torumuramatsu | 2009-03-30 10:40


<< 炙り出し      花粉と雨の関係性について >>