“ちいおり”に暮らして -Moments at Chiiori- 

torublog.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 08日

友を交えていつものボケ鍋に、さらに季節の彩りと。

c0166307_2221418.jpg
c0166307_22211439.jpg


昨日、祖谷にやってきた友人を連れて、昨夜は空音遊にお世話になりました。

それこそ、何もすることがないこの時期にやって来た彼はある意味運がいいです。
空音遊でボケ鍋を囲んで、まったり語るにはこの時期が一番。
ヘルパーで、料理研究中の Kaori さんが特製ボケ鍋に加えて、フキノトウをわざわざ取ってきてくれて、天ぷらにしてくれました。

友人のリクエストは、「地元の美味いものを食う」とのことだったので、まさに、半径数十メートル以内で取れた野菜で賑わう卓袱台は、彼の想像しなかったごちそうづくしだったのではないかな。
本人も、肉も魚もないこの贅沢を堪能してくれたようで、僕としても本当に嬉しかったです。

温泉も、ホテルまんなか、ホテル祖谷温泉と、2件に浸かり、秘境の雰囲気を味わってくれたようです。

祖谷での過ごし方については、事前に何も知らせず完全に僕のおすすめコースを強制した形でしたが、僕がいつもお世話になってる皆さんとの交流も含めて、とても楽しんでくれたようで、そんな彼に僕はその2倍楽しませて頂いたような、あっという間の、1泊2日でした。
[PR]

by torumuramatsu | 2010-02-08 22:37


<< 浮かぶ稜線      ルーズな関係による、効率的時間の誕生 >>